―フォーシーズン日英不動産用語集―
Japanese-English Real Estate Glossary
HOMEへ
■RC/reinforced concrete 補強されたコンクリート


■IH
induction heating
電磁誘導加熱。磁力線の働きで、金属製の鍋自体をヒーターのように発熱させる。


■相見積もり
competitive bid
同じ図面を元に複数の施工会社が見積もりを応札する方法。複数の施工会社の見積もりができる点がメリット。


■足場
scaffold
工事施工に伴い、作業を行いやすいように、また工事関係者の安全を確保するための作業床、構築物のこと。


■アスファルトルーフィング
asphalt roofing
アスファルトを使用した防水シートのこと。水分を通さないので、主に平らな屋根(陸屋根)や壁の防湿層に使用されている。


■アスベスト
asbestos
綿のように軽く小さな繊維状の物質(鉱物資源)。石綿とも呼ばれている。
不燃性、機密性、断熱性、保温性、吸音性に優れ加工がしやすいため、住宅建材に使用される。材料としては理想的だが、発ガン性物質であり、平成16年10月1日より全てのアスベストの使用が禁止された。


■アフターサービス
after-the-sale service
売主または施工会社が、物件の不良箇所を無償で補修すること。アフターサービスの期間は、建物の部位や欠陥の状況、売主(施工会社)によって異なる。


■雨どい
gutter
屋根からの雨水を地面や下水まで導くための排水管、装置のこと。建物の内部を這わす内樋と外を這わす外樋に大別される。外樋には屋根の雨水を受ける「軒樋」軒樋で受けた雨水を地上へ導く「立(竪)樋」、軒樋で受けた雨水を集め立樋へと送る「呼び樋」などがある。
TOPへ
■石積み
masonry
石垣などを積み上げて築造する土留の一種。
切り石積み・野石積みなどがあり、積み方により布積み・谷積みなどがある。


■意匠設計
architectural design 
建物の形状や間取り、高さなどを施主の要望や建築基準法に合わせて設計すること。
一般的に、建築設計とはこの意匠設計を指す。


■一般媒介契約
agency contract
不動産の売買や賃借を宅建業者に依頼するときに結ぶ媒介契約の一形式。
他の宅建業者にも重ねて媒介を依頼することができ、かつ依頼者自らが取引相手を発見し、直接契約することができる。


■移転登記
registration of transfer
不動産取引で、売買契約が成立し、所有権が移転したときに行う不動産登記のこと。
所有権移転登記の申請は、売主と買主が共同して行うのが原則だが、実際には、買主側の司法書士を双方の代理人として申請する場合が多い。


■インテリアプランナー
interior planner  
インテリアにおける企画、設計、工事監理を行う専門家(資格者)のこと。


■印紙税
stamp duty
契約書に貼り付けて消し印することで収める税。
契約書の金額に応じて印紙税は異なる。納税義務者は課税文書の作成者となる。


■インスペクション
inspection
調査、検査、監査という意味。住宅の検査はホーム・インスペクションということもある。


■インテリアコーディネーター
interior coordinator
室内装飾(インテリア)の総合的なアドバイザーのこと。また、その資格。
新築やリフォームの際、インテリアのプランニングから提案、見積もり、実施、施工までをトータルで管理するため幅広い知識が必要とされる。
TOPへ
■ウォークインクローゼット
walk-in closet 
人が歩いて入れる収納スペース(納戸)のこと。
ハンガーパイプや棚板などが当初から設置されていることが一般的。


■請負契約
contract agreement
請け負った側が事業主として仕事を進める契約形態。
委託契約と異なる点は、契約の目的が委託は「特定の業務の処理」であるのに対し、請負は「仕事の完成」である点。


■(コンクリート)打放し
bare concrete
コンクリートを打ったまま仕上げをしない仕上げのこと。
打ち込んだ面を型枠で抜いた状態のまま仕上げとし、表面を仕上げで覆わないため、型枠の精度の高さや美しい表面になるための施工などが必要となる。
デザイン性が高い反面、断熱性能が低い。


■ウッドデッキ
wood deck
リビングなどに連続して建物の外部に張り出すテラスの上に設ける木の甲板のこと。
TOPへ
■エクステリア
exterior  
住宅の敷地内においての外まわりの総称。塀や生垣、門扉、車庫、庭などのこと。エクステリア。注文建築の場合、外構は建築費には含まれないことが多い。


■SRC
steel-reinforced concrete
鉄骨鉄筋コンクリート構造。
鉄骨で骨組みを作り、その周りに鉄筋コンクリートを被せて主要な構造体を作る工法。強度があり柱の間隔を広く出来るのが特徴だが、重量が重く、工期が長くかかる点、建築費が高くなる点があげられる。一般に高層建築物などに使用される。


■MB
meter box
メーターボックス。電気、ガス、水道など各メーターを一箇所に集めて検針をしやすくしたもの。


■L字構/L-shape gutter
雨水を流すための路の端についている側溝のこと。


■LDK
living, dining, kitchen
リビング・ダイニング・キッチンのこと。また、これらが一室になった空間。


■エレベーション/elevation 外観。立面。


■縁側/veranda 座敷の外側に設けられた細長い板敷きの部分。


■エントランス/entrance
入り口。玄関。
TOPへ
■オイルステン
oil stain
油溶性の着色剤のこと。
着色性が良く、ペンキとは違って塗装しても木目が見えるのが特徴。塗膜がなく汚れやすいため、オイルステインの上にニスを塗る必要がある。


■オイルペイント
oil paint
植物性、動物性の油脂のこと。
安価で密着性・耐候性に優れるが、乾燥が遅い、粘着性がある、臭いが残るなどの欠点がある。


■大壁
stud wall
壁で覆って柱を見えなくする壁の仕上げのこと。
柱を隠すため、見た目ではなく強度を考えた柱の選定が可能。壁の中に断熱材や筋交いを配置できるため、耐震性、気密性に優れ、防火、保湿、防音にも有利と言われている。


■オープンキッチン
open space kitchen
ダイニングスペースに対して開放されたキッチンのこと。
壁やカウンターで視覚的に遮断されていないのが特徴。


■オープンハウス/open house 一戸建てやマンションなどを一定の期間公開すること。


■オール電化/all-electric 住宅で使われるエネルギーを全て電気でまかなうこと。


■踊り場/staircase landing 階段の途中に設置された平坦なスペースのこと。


■オプション
option
標準仕様に含まれていない設備や仕上げ、建材のこと。
オプションの内容やグレードによって、追加の費用が発生するのが一般的。


■折り戸/folding door 扉自体を折りたたむことによって開閉する戸のこと。
TOPへ
■ガーデニング
gardening 
住宅での、庭またはバルコニーなどで草花の育成を楽しむこと。
園芸、造園術。


■外構
exterior
住宅の敷地内においての外まわりの総称。
塀や生垣、門扉、車庫、庭などのこと。エクステリア。
注文建築の場合、外構は建築費には含まれないことが多い。


■開口部
opening
住宅の壁や屋根などに設置された窓やドアのこと。
屋外に面して光を透過する素材(ガラスなど)のものか、開放できるものをいう。
採光、換気、通風、通行、眺望などを目的として設けられる


■概算
estimation
建築工事についてのおおまかな数量、または金額を計算すること。


■改築
renovation
建物の全部または一部を取り壊した後、そのまま以前の建物と位置・用途・構造・階数・規模が大きく変わらない建物を建てること。
元の建物と大きく変わる場合は、新築または増築扱いとなる。使用材料についての新旧は問わない。


■買付証明
certification of purchase
物件購入希望者が、売主または仲介者に対し、不動産購入の意志を表明すること。


■開発許可
development permission 
市街化区域や市街化調整区域内の開発行為、その他、都市計画区域内でも3,000m2以上の開発行為を行う場合に必要な都道府県知事による許可。
市街化区域においては1000m2以上の開発行為を許可制にし、市街化調整区域においては、20ha以上の開発行為は原則として行わせないとして、市街地の秩序のない拡大化を防ぎ、計画的な市街化を図るために定められた都市計画法。


■外壁工事/wall work 建造物や家などの外側の面を工事すること。


■カウンターキッチン
open space kitchen
キッチンとダイニングルームとの間にカウンターがついているキッチンのこと。
カウンターを通して調理や皿の受け渡しができ、ダイニングルームにいる家族やゲストと話しながらキッチンでの調理や後片付けができる利点がある。


■確認申請
verification of application
建物の工事を着工する以前に、その計画内容が法令の規定に合っているかを建築主事または指定確認検査機関に確認を得るために行う申請のこと。
建物の新築、10平方メートルを超える増改築・移転、大規模な修繕、または100平方メートルを超えて用途を変更する場合等に必要とされる。申請先は、都道府県や市区町村の建築主事の他、民間機関である指定確認検査機関。


■火災警報器
fire alarm
煙や熱により火災を感知し、警報音を出して知らせる装置のこと。


■笠木
cap piece
鳥居や門・塀・手すりなどの上端に渡す横木のこと。冠木(かぶき)。


■瑕疵/defect キズ、欠陥。


■瑕疵担保責任
defect liability
工事が完了して注文主に引き渡した後に不具合が出た場合、また売買契約においては契約する物件に隠れた欠陥があった場合に、売り主などが責任を負うこと。
買い主側は損害賠償を請求することができ、瑕疵の程度が、売買契約の目的を達成できない程に重大であるときは、売買契約を解除することも可能。
ただし、重要事項説明等により、買主が売買契約当時において既に瑕疵があることを知っていた場合は、損害賠償請求や解除はできない。


■合併浄化槽/digestion tank トイレ排水と生活雑排水を合わせて処理する浄化槽のこと。


■壁紙
wallpaper
室内の壁面、天井面の仕上げ材のこと。壁装材。
大抵は90cm幅のロール状になった紙のようなもので、ビニール壁紙、織物壁紙、紙壁紙、無機質壁紙などの他、再生可能な植物を原料としたものもある。


■框(かまち)
head rail
床の間や玄関など、床に段差があるとき、高いほうの床の端に取り付ける化粧用の横材。
場所によって呼び名が違い、上がり框(玄関ホールなどの上がり口部分)、床框(とこがまち。床の間の前端)、縁框(縁側の外部側)などがある。


■鴨居
head jamb
和室の障子、襖等の開口部分の上枠にあたり、内法高さに取り付ける横材のこと。
一般にはフスマや障子などを建てこむために溝が彫られている。


■カラーベスト葺
roofing with color-besto
(クボタの商品名)
住宅用屋根葺き材の一種。石綿とセメント・珪砂を混和した石綿系の人造スレート。
従来の陶器瓦に比べて、軽量で価格が安く、独特の色調と素材感があり、対候性、耐震性に優れている。


■ガラスブロック
glass block
ガラスでできた直方体・立方体の建築用素材。
採光・断熱・遮音にすぐれ、さまざまな色・柄・サイズがあり、曲面の壁面構成も可能。壁・床・天井などに用いられる。


■ガラリ
louver
外部に対して目隠しをしながら換気ができるように、ドアや窓などにもうけた通気口のこと。鎧窓(よろいまど)、ルーバー。
建具の全体につける場合と一部につける場合がある。


■カラン/kraan(オランダ語) 水栓金具全般のこと。


■ガルバニウム鋼板
galvalume
アルミニウム・亜鉛合金メッキ鋼板のこと。
耐食性、耐熱性、加工性などに優れており、住宅・事務所・店舗・工場などさまざまな建築物に使用される。


■完成保証
completion guarantee
工事途中において請負会社が倒産してしまったときに、代わりの業者がその建築工事を引き継ぎ、建築物の完成を保証する仕組みのこと。


■間接照明
indirect lighting
光源を直接見せるのではなく、天井や壁に光を当てて、間接的に空間を照らす照明のこと。
まぶしさが少なくソフトな印象になる。


■監理
supervision
設計した建物が正確に図面通りになっているかどうかを監督する業務。または家づくりに必要な建築家が行う一連の作業のこと。


■完了検査
inspection of completion
建築確認を受けた建築物が、都道府県の建築主事、または指定確認検査機関により、建築基準法と関連規定に適合しているか工事完了後4日以内に受けなければいけない検査のこと。
完了検査に合格して検査済証が交付されてから建物の使用が可能になる。
検査済証は住宅金融公庫融資を受けるための必要書類となっており、民間金融機関でも求められる場合がある。
TOPへ
■基礎
groundwork
建物の最下部で建物の重さを地盤に伝え、建造物の荷重を支持し、地盤を固定する下部構造の総称。土台。
木造では建物の壁下に連続して設けた布基礎が代表的であるが、地盤が軟弱な場合は建物の底面全体を版状の基礎としたベタ基礎が用いられる。


■基本設計
basic design
建築計画や都市計画などのベースとなる設計の過程の段階。
条件に合うように基本的な事項を決定し、図面・仕様を作製すること。


■キャットウォーク/catwalk 点検や作業のために、高い位置に設けられた狭い通路のこと。


■境界
boundary 
不動産登記法の土地と土地の境のこと。所有権がある土地の境い目のこと。


■境界杭
boundary stake
土地の境界を示すために打ちこまれた、石やプラスチック、金属などでつくられ杭のこと。


■競売
bidding
裁判所を通じて負債が返済できなくなった人の所有する不動産を競りにかけ、最高価格で申し立てた人に売却すること。
債権者はその売却代金から弁済を受ける。
「きょうばい」とも読む。「けいばい」とも読む。


■共有登記/shared registration 複数で一つの所有権を有し、登記すること。


■共有部分
common space
個人単独では所有できない部分で、エントランスホール、階段、エレベーター、廊下、外壁、屋上のこと。
共用部分は個人で勝手な修繕などができない。


■切土/earth cut 傾斜地等を整地するために土を削り取ること。
TOPへ
■杭
stake
地中に打ち込み支柱とするもの。
杭の種類に支持杭、摩擦杭、両方兼ねたものがある。


■杭工事
piling
基礎工事の一つで、地盤が軟弱な場合に杭打ちによって建物の荷重を地盤に支持させる。


■空調
air conditioning
空気調節の略。
建築物における居住空間で快適に過ごすために、温度・湿度をが調整すること。


■空間
space
物が存在せず空いている場所。いろいろな方向への拡がり。
設計においては平面的な間取りだけではなく、垂直方向の広がりや、視覚効果に基づく実感も空間の要素。


■躯体/building frame 建物において強度をうけもつ構造体のこと。スケルトン。


■クッションフロア
cushion floor
床材の種類で着色塩ビシートの中間層に発泡層がついているもの。
耐磨耗性・耐薬品性・メンテナンス・施工性に優れ、色・柄が豊富で安価、汚れも水で簡単にふき取れるので台所・トイレ・洗面室などに使用されることが多い。


■グラスウール
glass wool
断熱材の一種でガラス系鉱物原料とガラス屑を主原料とした無機繊維系の不燃性断熱材。
フェルト状・ボード状・吹込み用などがあり、壁や天井・床などの断熱材として用いられることが多い。


■クラック/crack 建物の外壁や内壁、基礎などにできる亀裂やひび割れのこと。


■グランドレベル
ground level
建物の高さを計る基準となる地盤の高さ。
通常、敷地地盤面の平均の高さを指す


■グルニエ/grenier(フランス語) 屋根裏部屋のこと。


■グレーチング
grating cover
屋外の排水溝などに用いられる格子状のフタ。
鋼製が多く、車道用・歩道用などがある。


■クローズドキッチン/closed kitchen 台所が独立した部屋となっているもの。


■クロス
cloth
壁や天井の仕上げ材。
布、紙、ビニールなどいろいろな素材がある。
TOPへ
■計画道路/planned road 都市計画法に基づいて都市施設として決定された道路。


■珪藻土
diatomaceous earth
プランクトンなど藻類が化石化した土。
主に壁材として使われる。調湿性、吸臭性があり、シックハウス対策のために室内の化学物質の吸着や結露対策として利用される。


■契約約款/articles of agreement 契約内容を細かく表した書類。


■軽量コンクリート
autoclaved lightweight concrete
(ALC )
気泡コンクリートと呼ばれる特殊コンクリートの一種。
軽量で断熱性・耐火性に優れる反面、鉄筋コンクリートに比べて強度が弱いのが特徴。
建物の内外壁、屋根、床などに使用される。吸水性があるため、防水・防湿処理が必要。


■軽量鉄骨
light-gage steel
正式名称は「軽量形鋼」(けいりょうけいこう)。厚さ6ミリメートル以下の鋼板を成形した鉄骨のこと。軽量形鋼。
最もよく使用されるものは断面形状がアルファベットの「C」に似たリップ溝形、他にもZ形、山形などがある。小規模な倉庫、工場、住宅などの鉄骨造の建築物に使われる。


■決済/settlement 代金の支払い、商品の引渡しによって取引を終了すること。


■結露
dew drop
空気中の水蒸気が液体となる現象のこと。
空気中の水蒸気が壁・床・窓ガラス・サッシなど冷たいものに触れたときに起こる。


■現況
current condition
登記簿の記載によるのではない現在の本当の状況。または、中古住宅性能表示制度で定められた建物の現況検査の意味。


■現況有姿
delivery in current condition
現在の状況。不動産の売買では、現在の状況のまま引き渡すことを意味する。


■検査済証
examined building certificate
建築物が法令に適合している場合、建築主事などが建築主に交付する証明書。完了検査の後に交付される。


■建築確認
building certification
建築物が法令に適合しているか建築主事が確認すること。またはその制度のこと。


■建築面積
building area
建物を真上から見たときの外壁(または柱の中心線)で囲まれた水平投影面積のこと。
1階の床面積にほぼ等しい。建蔽率を計算する際はこれが分子になる。


■現場管理費
field overhead expenses
品質管理、安全管理など工事管理を実施するために必要な経費。現場経費。


■建蔽率
building-to-land ratio
敷地面積に対する建築面積が占める割合。
用途地域に応じて建蔽率の限度が決められている。


■権利書
title deed
登記が完了した際、登記所が交付する証明書のこと。
登記所は、登記が完了した際、登記申請書の控えに「登記済」という印を押し、不動産の購入者に交付する。この書類は不動産の所有者が保管することから一般に「権利証」と呼ばれることが多い。
TOPへ
■公示価格
official government selling price
国土交通省が決定する地価公示標準地の価格のこと。
全国約3万地点において毎年1月1日時点での単位面積当たりの価格が公表され、土地取引や資産評価の一般的な目安となる。


■公図
recorded map
登記された土地の地目、地番、位置、形状、面積などが記載されたもの。
登記所や市町村役場が保管している。明治時代の測量が基図で全て見直しに至っていないため不正確なものが多い。


■構造
architecture
建物を支えるために主要な方法、骨組みのこと。又は、ある性能を持つために材料を組み合わせたもの。
建物の荷重や地震や風圧などの衝撃に対し、それを支えるための主な部分の材料によって木造・鉄骨造・鉄筋コンクリート構造など、方法によってラーメン構造・壁式構造などに分類できる。また、防火構造や耐火構造、耐震構造など、法規や要望により決められた性能を満たすための仕組みのことをいう


■構造計算
structure calculation
建築される建物が安全かどうか検討するために行う計算のこと。
建物の荷重や地震や風圧などの衝撃に対し建物が安全であるかどうかを計算し、数値が建築基準法で定める範囲におさまるように構造設計する。建築基準法では一定の規模以上、構造の建物に必要とされている。一般的な木造2階建ての住宅には不要。


■工程表
construction schedule
工事日程を図表にしたもの。
全体、工事種別のスケジュールが着工から竣工、引渡しまで分かりやすいようにグラフやネットワーク状に表示されている。
主に現場監督がスケジュール管理のために作成する。


■公道
public road
国や地方公共団体が所有、管理している道のこと。
国道・都道府県道・市町村道などを指し、通行は自由。


■工務店
building contractor's office
複数の専門工事業者をマネジメントし、工事全体を管理することによって総合的な工事を請け負う業者のこと。


■コ−キング
caulking
水密、気密を目的として目地や隙間などを埋めること。
合成樹脂または合成ゴム製のペースト状の材料で、外装材の継ぎ目部分や窓枠周り、ひび割れ部分などに充填する。


■腰壁
waist-high wall
床面から大人の腰より下の高さにある仕上げの違う壁のこと。
汚れの防止策としてや装飾として、違う素材の壁仕上げをする。


■腰高窓
waist-high window
床面から大人の腰より下の高さにある仕上げの違う壁のこと。
汚れの防止策としてや装飾として、違う素材の壁仕上げをする。


■固定資産税
property tax
土地や建物を所有しているとかかる市区町村税のこと。
毎年1月1日現在の所有者にかかる税金で、送付される課税通知書に従い毎年4分割か一括して納める。


■固定資産税評価額
assessed value of fixed assets
固定資産税など土地と建物にかかる税金を計算する基準となる価格。
市町村が決定し、3年に1度評価が見直される。固定資産税以外にも、不動産取得税、登録免許税、都市計画税、相続税などの計算の基準にもなる。
現在、土地は公示価格の7割、新築の建物の場合は建築費の5〜7割程度が目安と言われている。


■コルク
cork
コルク樫という木の皮を剥がした表皮を原料とし加工したもの。建材やコルク栓等に使われる。
コルク樫が樹齢約20年になると剥皮を行い、その後10年程度で再生され繰り返し行うことが出来るため、環境に優しい天然資源といえる。


■コルクタイル
cork tile
コルクを加工して、タイル状にしたもの。
床暖房対応商品のほか、様々な厚みや色、仕上げの種類がある。緩衝性に優れ、素材の無数の気泡が保温、断熱の役割を果たす。他、防音性、防湿性、耐汚性、耐火性等のメリットがある。


■混合水栓
combination tap
湯と水を混合して、1つの吐水口から出す水栓金具のこと。
湯と水のそれぞれの量を調節することで、水量や温度を調節する。湯と水のそれぞれにバルブをもつタイプや、一本のレバーで調節できるシングルレバータイプ、湯温の調節ダイヤルが独立しているサーモスタットタイプなどがある。


■コンパネ
concrete panel
コンクリートを打ち込み、成形するための型枠として使用する合板のこと。
コンクリート用型枠合板といいJAS規格で規定されている。無処理のタイプと塗装タイプがあり、樹脂で表面処理をした塗装合板はコンクリートとの剥離が良く硬化不良を防止し、耐久性、転用性が良い。捨張りで床下地に転用する場合もある。
TOPへ
■サービスバルコニー
sub balcony
キッチンなどに設けられる小さめの副バルコニーのこと。
採光や通風がよくなり、一時的に物を置くときに便利。


■サービスヤード/junk room キッチンなどに設けられる小さめの副バルコニーのこと。
採光や通風がよくなり、一時的に物を置くときに便利。


■サービスルーム/closet 納戸、部屋状の収納スペースのこと。


■再建築/reconstruction 中古住宅などの既存の建築物を建替えること。


■サイディング
siding 
外壁に張って使用する外壁仕上げ材の総称。色彩・柄が豊富。
代表的なものに石綿セメント板や金属板などをパネル状に成型したものがあり、耐水・耐候性、防火性などに優れている。


■左官
plasterer
土やセメントモルタルなどの素材を塗ったり、砂壁や漆喰仕上げなどの最終的な表面仕上げを施す職人のこと。


■左官工事
plastering work
左官が行う塗り工事を左官工事という。
主に、下地が必要な部位に左官をする際の工事、例えば外壁材や、浴室のタイルを貼るための下地を造る場合の工事。下地の材料と左官の道具にいくつかの種類があり、木のコテ、金属のコテ、ハケなどそれぞれによって費用が異なり、その面積で表示される。


■雑排水
drainage from washing
machine and kitchen
家庭から出る生活排水のうち、トイレからの汚水と雨水以外の排水のこと。洗濯、洗面、浴室、キッチンなどからの排水。


■更地
raw land
宅地建物取引上では、その土地に建物、構築物、工作物などが建っておらず、なおかつ使用収益を制約する地上権等の権利が付着していない土地のこと。


■散水栓
sill cock
庭の散水や屋外の掃除などに使用するための水栓。建物の外部に設置。また、地中に埋め込まれたふたつきの容器(散水栓ボックス)の中に設置。


■サンルーム
glass-walled room
日光を室内に取り入れるために、屋根や壁などの全てまたは一部をガラス張りにした部屋。
TOPへ
■CF
cushion floor 
クッションフロアのこと。
ビニール系シート床材の一種で着色塩ビシートの中間層に発泡層があり、耐磨耗性・耐薬品性・メンテナンス・施工性に優れている。
安価で、汚れを水で容易にふき取れるため、台所・トイレ・洗面室などに使用されることが多い。


■GL
ground line
グランドラインの略。地盤面のこと。
建築物の高さを決める為に基準となる点。


■シート防水
sheet water proofing
合成ゴムや合成樹脂などを主原料とした防水シートを使用した防水工法のこと。
伸縮性に富み、建物の収縮に追従性する優れた防水。


■シーリング
sealing
水密性・気密性を目的として、目地や隙間などに合成樹脂や合成ゴム製のペーストを充填すること。
コーキングともいう。


■敷居
threshold
和室の障子や襖などの建具の下部に設けられる溝のついた水平材のこと。
下部にあるのが敷居で、上部にあるのが鴨居。


■敷延
extended premises
和室の障子や襖などの建具の下部に設けられる溝のついた水平材のこと。
下部にあるのが敷居で、上部にあるのが鴨居。


■システムキッチン
custom kitchen
流し台や調理台、コンロ、収納スペースといったパーツを組み合わせ、天板(ワークトップ)と呼ばれる一枚板をのせてひとつにした、工場で製作されたキッチンセットのこと。


■システム収納
custom storage
規格化された部材・部品を組み合わせてつくる収納のこと。
使用したい部屋に合わせたり、収納したい物のサイズに合わせることなどができる。


■システムバス
high-quality bath unit
工場で生産・加工するユニットバスの各部品に、互換性や高品質化を施したもの。
部品のグレードをアップ、素材や色・柄のバリエーションを増やす、さまざまな機能をもつ設備を導入するなど、多様化する消費者のニーズに対応できるようにしている。


■地鎮祭
shinto ceremony of purifying
a building site
土木・建築などの工事を始める前に、その土地の神を祭り、敷地を清め、工事の安全祈願するために行う儀式のこと。


■漆喰
lime plaster  
消石灰を主原料とし、布海苔(ふのり)などで練った塗り壁の材料のこと。
日本古来より使用されてきた自然素材で、調湿機能も持ち、季節の変化に耐え、カビがつきにくいという性質を持つ。


■私道
private road
私有地に設けた私設の道路だが、事実上は一般公衆の交通に利用されているもの。一般の私道と位置指定道路とある。


■司法書士
judicial scrivener
裁判所・検察庁・法務局に提出する書類の作成代行、登記手続などの代理等を行う法律事務の専門家のこと。
土地を購入したり、家を建てたりしたときに必要な不動産登記の代行を施主に代わって行うことができる。


■ジャグジー・ジェットバス
bathroom with a jacuzzi
浴槽内に設置された噴出口から、気泡を含んだ噴流が出る浴槽のこと。


■借地権
lease
自分が家を建てたりなど使用目的で、他人の土地を借りる権利のこと。


■シャワーユニット
shower unit
工場で製作された部材、部品を現場で組み立てる、浴槽のないシャワーのみの浴室のこと。


■住居表示
indication of address
「住居表示に関する法律」に基づく、建物の各戸ごとに付された表示(番号)のこと。
これは住所の呼称で、不動産としての建物の登記上の所在地番や家屋番号とは異なる。


■住宅設備
household equipment
一般的に、トイレ、バス、キッチンなどで使用する便器、バスタブ、給湯器、シンクなどの設備機器を指す。
単に「設備」と呼ぶ場合もある。


■住宅展示場
show house
住宅メーカーのモデルハウスを展示している場所のこと。
総合住宅展示場は、広大な土地に数社の住宅メーカーがそれぞれモデルハウスを建て、展示しているタイプの展示場。


■住宅ローン
home mortgage
個人が宅地の取得や住宅の新築・改築などの目的のため、公的機関や民間金融機関から受ける融資のこと。
一般的に金利は安い。
融資の際は土地や建物を、融資先やその保証会社による抵当権が設定される。


■重要事項説明
presentation of
important information
不動産の取引に際して、契約の前に取引対象の不動産に関する権利関係や法令上の制限、取引条件などの重要事項について、宅地建物取引業者が取引にかかわる人に書面を交付し説明すること。
宅地建物取引主任者は、説明時に宅地建物取引主任者証を提示し、重要事項説明書に記名・押印しなければならない。


■重量鉄骨
heavy-gage steel
厚さが6mm以上ある構造用鋼材のこと。
形状はH形鋼、I形鋼、溝形鋼などがあり、H形鋼は大規模なビルやマンションの柱や梁などに使用される。


■主要構造部
principal structural part
建築基準法で、構造上重要な部材で「壁・柱・床・梁・屋根・階段」のことを指している。
ただし、構造上重要でない最下階の床、間仕切り用の壁、間柱、つけ柱、局所的な小階段などは主要構造部から除外されている。


■竣工
completion of construction
建築工事が終了し、完成すること。


■竣工図
completion drawing
竣工したときの建物を図面にしたもの。
実施設計後、着工後に現場で変更のあった箇所や内容を反映した図面。


■詳細図
detailed drawing
大きめの縮尺で納まりやディテールなどの細部の表現がされている図面のこと。


■仕様書
specifications
構造や仕上げ、使用する材料の品番などの内容をまとめた図書のこと。


■植栽
planting
草木を植えること。
または、植えられた樹木や草花そのものを指す場合もある。


■諸経費
overhead costs
工事費の中で、現場経費と一般管理費のことをいう。
現場監督の人件費や、交通費などの工事期間中に本体工事以外でかかる費用。


■諸費用
miscellaneous expense
土地購入や住宅建築の際に、土地代や設計・施工費以外にかかる手続き費用、税金、諸雑費のこと。


■所有権
ownership
法令の制限内でその所有物を自由に使用、収益(賃貸等)、処分(売却等)できる権利のこと。
基本的に、その物を全面的に支配することが許される権利。


■所有権移転登記
registration for the transfer
of real property
建物を新築したときに行う登記のこと。
新しい建物の場合、前に所有者がいないので所有権移転ではなく、初めて所有権の登記を行う。基本的には表示登記が終わったあとに行う。


新建材
new building materials
新素材や新製法を用い、従来のものと同等の機能や外観を持つように作られた人工建材のこと。
紙、木、石、金属等は従来の建材として用いられていたが、その代替建材として、ビニールやプラスチック製などが多く普及。安価で材料にばらつきがなく、加工が簡単などのメリットがある。集成材や人工大理石も新建材。


■人工大理石
artificial marble
アクリル系やポリエステル系などの樹脂を主原料としたもので、人工的に作られた大理石風の素材のこと。
浴槽やシステムキッチンのワークトップや洗面化粧台のカウンター天板などに用いられることが多い。人造大理石ともいう。


■芯持材
wood core material
樹心(年輪の中心部分)を含んでいる木材のこと。
強度が大きく、そりやねじれの発生が少ないため、一般に土台・柱・梁などの主要構造材などに用いられる。
TOPへ
■スキップフロア/split-level 床の高さを半階ずつ、ずらした空間のつくり方。


■隅切り
corner cutoff
道路と道路が交差する角地に、見通しを良くするとともに、自動車などが楽に曲がれるように敷地の出隅を円弧または直線で切り取ること。


■スラブ
slab
鉄筋コンクリート造の、上階住戸と下階住戸の間にある構造床のこと。
床として用いられるときは床スラブという。


■スレート
slate
粘板岩を薄い板状に加工したもののこと。
天然のものは非常に高価で、それに変わる人工のものとして、石綿とセメントを原料とする石綿スレートが一般的。屋根材や内・外装材として使用される。


■スロープ
slope way
車椅子の利用者や幼児、高齢者などが通り易いように、通路や廊下など階段ではなく傾斜路としている箇所。
TOPへ
■積算
calculation
建築の場合、使用する建材の単価に数量をかけたものを合計して総額を計算する方法をいう。


■石綿
asbestos 
繊維状の鉱石のこと。
耐火性・断熱性に優れており、断熱材などに用いられてきたが、現在は発ガン性や大気汚染などの問題で使用が規制されている。


■施工/construction 工事を行うこと。


■施工管理
construction management
施工図面の作成から、施工の品質、工程の進行状況、専門業者等の管理など、着工から竣工までの現場管理の一連の業務のこと。「(工事)監理」とは異なる。


■施工図
working drawing
施工図面。
建築工事に携わる職人などが使用するための図面。


■施工床面積
floor space of building
実際に工事される床面積のこと。
容積率の緩和のある車庫や地下室、ピロティ、ポーチなども全て含めた床面積。


■設計図書
drawing and specification
建物の建築するために必要な図面・仕様書・関係書類などの総称。
平面図や立面図といった設計図や仕上げ表、設備図、構造図、建築確認申請に必要な書類等も含めて全てのものを指す。


■設計料
design fee
設計に対する対価。
設計監理料の略称として使われる場合と、監理を含めない設計のみの対価として使われる場合がある。


■石膏ボード(プラスターボード)
plaster board
焼石膏を主原料とした芯材に、両面を厚紙で覆って平らな板状にしたもの。プラスターボードとも言う。
防火性、遮音性、施工性などに優れ、主に壁や天井の内装の下地材として使用される不燃材料。


■セットバック
setback
前面道路の幅員が4m未満の場合に、道路の中心から2m後退したところまでを道路として負担すること。
セットバック部分は敷地面積に換算されないため、建蔽率・容積率の計算から除外される。


■設備
equipment
建築物における空気調和設備・給排水衛生設備・電気設備等など、建物の使用目的や特性にあった室内環境をつくるための装置全般やシステムのこと。
住宅の場合は、キッチン、バス、トイレなどに設置する便器、給湯器、シンク、バスタブなどの住宅設備機器を指す場合がある。


■設備工事
equipment work
建物の「電気」「給排水」「衛生機器」「空調・換気」「ガス」「通信(電話等)」「防災設備」「消火設備」等の設備に関する工事のこと。


■設備設計
facility design
設備工事を行うために配管や配線、機器の設置位置などを計画すること。
効率や使い勝手などを考慮して計画する。


■セラミックス
ceramics
陶磁器のように、粘土を焼いた物のこと。
しかし、焼き物だけでなくガラスやホーローなど、窯や炉(ろ)の中で作るものを総称して呼ぶ場合が多い。


■セルロースファイバー
cellulose fiber
新聞の古紙やパルプなどの木質繊維を原料に綿状に加工した断熱材のこと。
湿気を吸収したり放出したりする調湿機能に優れている。


■セントラルヒーティング
central heating system
建物の一ヶ所に設けた熱源装置から、配管やダクトで温風・温水などを各部屋に送って暖房する集中暖房システムのこと


■専任契約
exclusive agreement
不動産の売買などを不動産業者に依頼するときに結ぶ契約の一種。
依頼者が他の宅建業者に重ねて媒介を依頼することができず、また媒介を依頼した宅建業者が探した相手以外とは契約を締結できない。
TOPへ
■増築
extension
既存の建物に新しい建物をつけ加え、床面積が増加するもの。
建て増し。


■ソーラーシステム
solar heating
太陽熱を利用して冷暖房や給湯などを行うシステムのこと。
アクティブソーラー型とパッシブソーラー型がある。
TOPへ
■大工
carpenter
主として木造の建物を建てる職人。
広義には建築現場に携わる職人のことをさす。


■大工手間
reward for carpenter's work
大工・職人が行う仕事に対する報酬、人件費。


■大黒柱/main pillar
木造建築物で、最も重要な位置にある通し柱のこと。


■耐震構造
earthquake-resistant structure
地震で生じる揺れが伝わっても建物が耐えられる強度をもった構造。


■対面キッチン
open space kitchen
ダイニングに面した台所。
キッチンで作業をしながらダイニングにいる人と会話をすることができる。


■太陽光発電
solar power generation
太陽の光エネルギーを電気エネルギーに変換する発電装置。


■耐力壁
bearing wall
建物の荷重の鉛直力や地震の力・風圧の水平力に耐える壁。
構造的に重要な壁でリフォーム時に除去することはできない。


■タウンハウス
row house
低層の連棟式住宅のこと。
各住戸の敷地や庭は、各住戸の所有者によって共有している。


■ダウンライト
downlight
天井埋め込み型の照明器具。
直接、下方を照らす。補助的に利用され、白熱電球を使用する。


■宅地建物取引業
real estate business
宅地または建物の取引を業として行うこと。
宅地建物取引業の免許を受けて営む者を「宅地建物取引業者」、という。免許には国土交通大臣の免許と都道府県知事の免許の二種類がある。


■宅地建物取引主任者
real-estate transaction
specialist
宅地建物取引主任者証の交付を受けた者のこと。
不動産取引の際に行う重要事項の説明はこの者が宅地建物取引主任者証を提示して行わなければならない。都道府県知事の行う資格試験に合格し、都道府県知事から宅地建物取引主任者証を交付してもらう。


■ダクトスペース
duct space
換気した空気や冷暖房した空気の通路となる管を通すための空間。
または、ガス・電気・水道管などをまとめて通す筒状の空間をいう。


■宅建業法
real estate transaction law
宅地建物取引業法の略称。
宅地建物取引を業として行なう者に対して、免許制度を実施し、その業務について必要な規制を加える法律。
宅地建物取引業免許、宅地建物取引主任者、営業保証金などを規制し、宅地建物の正しい流通を図っている。


■建売住宅
house built for sale
不動産会社や工務店が土地を購入し、住宅を建て、土地と住宅をセットで販売するもの。
一般的に購入時には完成しているため注文住宅のように工法や間取り、設備を選べない。完成しているものを確認して購入できるというメリットはあるが、工事内容を確認できないため手抜きや欠陥があっても気付かないというデメリットもある。


■建具
fixtures
建物と外部、または建物の内部を仕切るためにもうけた開閉できるものの総称。
扉やふすま、障子、窓など。


■建坪(建築面積)
building area
建物を真上から見たときの外壁(または柱の中心線)で囲まれた水平投影面積のこと。
1階の床面積にほぼ等しい。建蔽率を計算する際はこれが分子になる。


■担保
mortgage
債務者がローン等の返済が可能になった場合に備え、債権者があらかじめ弁済確保のために債務者に提供させる手段。
人的担保と物的担保がある。人的担保は連帯保証人のように債務者以外の者に支払いを保証させること。物的担保は抵当権や質権のように特定財産について他の債務者に優先して弁済をさせること。


■断面図
cross-section diagram
建物をある線に沿って垂直に切ったと仮定して、その断面を表した図面。
主に建物の高さ(天井高、階高、地盤面と床高、軒の出と高さ)を示すために用いる。
TOPへ
■地下室
basement
地階に設けた部屋。建築基準法では、床面から天井までの高さの3分の1以上が平均地盤面より下にある部屋を呼ぶ。
地上階の延べ床面積の半分までの面積は、容積率算出の延べ床面積に算入されない。
防音効果が高く、年間を通じて温度差が小さい。
趣味を楽しむ部屋や収納スペースとして利用することが多い。


■地籍
registry book
土地の位置・形質および所有関係。またはそれらを記録したもの。


■地積測量図
registry map
登記簿上の土地の面積。
この面積と実際に測量したときの面積は異なることがある。


■地番
lot number
土地につけられた番号。
地番は登記簿上の番号で、住居表示(住所)とは一致しない。


■地目/type of land-use
土地の利用方法を表したもの。田、畑、宅地、山林など。


■着工/groundbreaking  
工事を始めること。


■仲介
agency
不動産取引で、売主と買主(貸主と借主)の間に立って、取引を仲立ちすること。
媒介ともいう。


■仲介手数料
broker's commission
宅地建物取引業者の媒介により、売買・交換・貸借が成立した場合に、宅地建物取引業者が依頼者から受け取ることができる報酬。
報酬額には上限が設けられている。


■中間金
interim payment
着手金と残金の間で支払うお金。
建築工事は期間が長く、多額の費用が必要なため、中間金を施工会社に支払うことが一般的である。


■注文住宅
custom-built house
注文者(施主)の要望に副ったプランで住宅を建てること。
建売住宅のような出来上がっている家を購入するのではなく、費用、工法、設備、デザイン、間取りなど注文者の条件と合わせながら設計し、建築する。
TOPへ
■坪/3.3 square meters
尺貫法の面積の単位。約3.3平米。


■坪単価
cost per 3.3 square meters
1坪あたりの価格。
TOPへ
■提携ローン
affiliated Loan
不動産会社やハウスメーカーが金融機関とあらかじめ提携していて、その会社が販売する土地・住宅の購入者に融資する住宅ローン。
借入限度額が物件価格の100%に設定されていることもある。


■ディスポーザー
disposer
調理時に出る生ごみを機械で粉砕し、生活排水とともに下水道へ流し、捨てる装置のこと。
キッチンのシンク下に取り付ける。


■ディテール
details
納まり。細部。
部材と部材の接合する部分には、様々な組み合わせ方法があるが、機能と美しさを実現したものが選ばれる。そのようにして出来上がった細部のことをいう。


■抵当権
mortgage
返済が不能になったとき他の債権者に優先して弁済を受けられる権利のこと。
住宅ローンの場合、金融機関が主に購入する不動産に抵当権を設定する。
返済不能となったときは担保にとった不動産を強制的に競売し、他の債権者よりも優先的に、競売代金から借金を弁済を受ける。


■デッキ/deck
地面より一段高く、建物の前に張り出して設けるテラス。


■鉄筋コンクリート造
steel-reinforced concret (SRC)
鉄筋を組み、コンクリートを流し込み構造体をつくる構造。RC造とも言う。
工法にはラーメン工法と壁式工法がある。
圧縮に強いコンクリート(引張りには弱い)と引張りに強い鉄筋(圧縮には弱い)を一体化させ、お互いの欠点を補い、より高い強度を生み出した、耐震性・耐久性・耐火性に優れた工法。


■手付金
deposit
売買契約を交わすときに、当事者の一方から相手方に渡す金銭。
不動産会社が受け取る手付は、「解約手付」の性格を持つ。つまり、手付を渡したほうが契約を解除するときには、手付を放棄し、相手方が解除する時には倍額を返す。
不動産会社が売主の場合は、手付金の額は売買代金の20%以内と定められている。


■デッドスペース
dead space
利用するのが難しい空間。
設計上、どうしてもできてしまうことがある。
収納やダクトスペースとして利用される。


■デベロッパー
developer
開発者会社。
都市開発や住宅地の造成・開発、マンションや別荘の造成・開発を行う。


■テラコッタ
terracotta
イタリア語で素焼き土器の意味。
玄関やキッチンの床材、ガーデニングや外構で利用される


■テラスハウス
row house
低層の連棟式住宅。
各住戸の敷地や庭は各住戸が単独で所有している。
建築基準法上は「長屋」に分類される。


■DEN
den
英語で巣、ほら穴の意味。
書斎や趣味を楽しむための部屋(空間)という意味で使われる。
広さや形、用途の基準はなく、「隠れ家」的な部屋(空間)を全般的にさす。
TOPへ
■登記
registration
法律上の権利を第三者に公示するため、登記簿に記載すること。


■登記済み証
registration certificate
登記が完了した際、登記所が交付する証明書のこと。
登記所は、登記が完了した際、登記申請書の控えに「登記済」という印を押し、不動産の購入者に交付する。この書類は不動産の所有者が保管することから一般に「権利証」と呼ばれることが多い。


■登記簿
registry book
権利関係に関する事項を記載した公の帳簿。
登記簿に記載することが不動産の所有権などを第三者に対抗する要件となる。


■登記簿謄本
certified copy of register
ある不動産に関する1組の登記用紙のすべての写しのこと。
通常、1組とはその不動産に関する表題部、甲区、乙区のことをいう。


■謄本/copy of the original
写し。内容は原本と同じですべてを写して作った文書。


■登録免許税
registration and license tax
不動産の所有権や抵当権を登記する際に、登記所で納付する国税のこと。


■道路幅員
width of road
道路の幅のこと。
側溝がある場合は、道路の側溝の外側を道路境界とみなして測る。


■床の間
little alcove
和室の正面奥の掛け軸や花入れを飾るための空間。
床柱、床框、床板(または床畳)、落し掛けなどで構成される。形式によって本床、壁床、踏込み床などがある。


■トップライト(天窓)
top light
天井や屋根に設けられた開口部で、主に採光のために設けられるもの。トップライトともいう。
壁面に設ける窓より採光量に優れ、建築基準法上の有効採光面積を算定する際には3倍の面積に換算される。


■土間
inside the front door
玄関の土足で使う範囲。
仕上げは、しっくい塗り、石やタイル張り、土砂利など。


■ドライエリア
dry area
地下室の一方を掘り下げて作られた庭。
採光や通風、防湿のために設けられる。


■トラップ
trap
下水の悪臭や害虫などが室内に入り込むのを防ぐため、排水管の途中に設けた水がたまる部分。
便器、洗面ボウル、キッチンのシンク、防水パンなどで使われる。形によって、S型、P型、U型などがある。
TOPへ
■内装工事
interior finish work 
構造部分などの工事が終了し、建物として形が出来上がった段階から、取り掛かる工事のこと。
一般に基礎工事、木工事が終わった段階で始める工事。


■納戸/closet
主に、収納として使用される部屋のこと。
TOPへ
■二級建築士
second-class architect
都道府県知事による免許で、設計、工事監理などの業務を行う建築技術者として認められる資格のこと。
設計、工事監理のできる建物の用途や面積、高さなどに制限がある。


■2重サッシ
double sash
サッシが2重に取り付けられている窓のこと。
サッシの間に空気層ができ、防音や断熱効果が得られる。1枚のサッシに複数枚のガラスをはめ込んでいる複層ガラスとは別。


■二世帯住宅
duplex
親世帯と子世帯が同居して暮らす住宅のこと。
全ての居室が別々の完全分離型や、共有する居室をもつ共有型など、いろいろなタイプがある。
TOPへ
■塗壁/plastered wall 壁土やモルタル、ペンキなどの塗り壁材料で仕上げた壁のこと。
TOPへ
■根太/joist 木造住宅で床板の下の、床を支える横木のこと。
TOPへ
■軒/eaves 建物の外壁面より外に突出している屋根の部分。


■軒裏/space under the eaves
軒の下面の外部に面している部分のこと。


■延床面積
total floor space
建物の床面積を合計した面積のこと。
容積率の算定に用いる延床面積については、自動車車庫および住宅の地下室は、一定の条件においては算入されない。
「延べ面積」ともいう。


■法地
ramp
造成地や道路、山林などの工事で、切土や盛土をすることによってできた斜面部分のこと。
TOPへ
■パーゴラ
pergola
庭やテラス設ける、藤やツタなどのつる性の植物をからませる木材などで組んだ棚のこと。


■パース
perspective
建物の外観や室内の空間のイメージがわかりやすいように、立体的に描いた透視図のこと。


■媒介
agency
「宅地建物取引業者」が、法律に基づき売主と買主の間に立って、土地、建物の売買・交換、貸借の 取引成立に向けて活動すること。


■ハイサイドライト
skylight
室内の高い位置に設けられた窓からの採光のこと。
頭上よりも高いところにある高窓のことをハイサイドライトと呼ぶこともある。


■配電盤
switchboard
変電設備や電力系統の監視と制御を行うためのスイッチを設備した装置のこと。
なお、高・低圧配電盤から配電されてきた電気を住宅内に分岐するための機器を分電盤という。


■パイプスペース(PS)
space for pipework
給水や排水、ガスなどの配管スペースのこと。
平面図や設備図では「PS」の略号で記載されている。


■バイヤーズエージェント
buyer's agent
物件探しから調査、交渉、契約、引渡しに至るまで、常に買主の立場で売主や売主の代理人と折衝を行ない、買主の利益保護を第一に考えて不動産取得のサポートをする 買主専属代理人のこと。


■ハウスメーカー
homebuilder
規格住宅・工業化住宅を販売する会社。
規格住宅・工業化住宅とは、あらかじめ住宅の工法や素材、サイズなどの基本仕様を決めて行政から認可を受け、その規格の範囲内で作る住宅のことを言い、規格化によって、一棟一棟の住宅の許可を簡略化でき、またあらかじめ部材を大量に仕入れ・前加工することが可能なため、大幅なコストダウンを図ることができる。


■バスコート
small garden by bath
浴室から戸外の風景を楽しむために設ける坪庭のこと。


■ハッチ
hatch
キッチンとダイニングなどを仕切る壁や家具に設けられた食器や料理などを受け渡すための小さな開口部のこと。


■パティオ
patio
床がタイル貼りで仕上げ、噴水や植栽などが備えられたスペイン風住宅の中庭のこと。
最近ではマンションや南欧風の住宅で中庭の意味で使われることも多い。


■パネルヒーター
panel heater
床暖房に代表される床や天井などに埋め込んだパネルを加熱し、輻射(ふくしゃ)熱による暖房のこと。


■幅木
baseboard
床と壁の継ぎ目にあたる壁の最下部に取り付ける横木のこと。
壁と床の仕上げ部分のおさまりを美しく仕上げるためや掃除機などが壁にあたり傷みやすい部分を保護するために設ける見切り材。


■破風/gable 切妻屋根や入母屋屋根の端にある三角形の部分のこと。


■はめ殺し窓/fixed window 窓枠にガラスが固定されて開閉ができない窓のこと。


■梁
beam
建物の構造材(骨組み)のひとつ、柱の上に渡し、柱と柱の間をつなぐ水平材(横架材)のこと。


■バリアフリー
barrier-free
高齢者や体に障害のある人が移動や行動をしやすいようにバリア(段差や仕切りなど)を取り除くための様々な工夫のこと。


■バルコニー
balcony
2階以上の建物の外面に張り出した、屋根のない手すり付きの平らなスペースのこと。


■販売代理
sales agency
売主に代わって建売住宅やマンションなどの販売や契約を代行すること。
不動産広告では、「販売代理」「媒介」「販売提携(代理)」「販売提携(媒介)」等と表示される。
TOPへ
■PH(ペントハウス)
penthouse
屋上に突き出た建築物、または建物の屋上に造られた階段室・昇降機塔などのこと。


■引き戸
sliding door 
溝やレールに沿って横にスライドさせて開閉させる戸のこと。
片引戸(片方に引く戸)、両引戸(両方に引き分ける戸)、引込戸(壁に引き込む戸)、引違い戸(2本の溝やレールにより重ね合う動きが出る戸)などがある。


■庇(ひさし)
eaves
窓や出入口の上部に外壁より突出した片流れの小屋根のこと。
室内に入る雨や直射日光の調節、風雨の際に開口部からの雨もりを防止する役目を負う。


■表示登記
registration for new house
建物を新築した際に、建物の状況を明らかにするために登記すること。
完成後1ヶ月以内に建物の所在地、種類(使用目的)、構造、床面積、建築時期、建物の配置図面など必要書類を整えて申請しなければならない。
なお、表示登記はあくまでも不動産の状況を表す登記のため、所有者の権利を現すものではないため、表示登記の後には所有権保存登記が必要となる。


■ビルトイン
built-in
建築段階からあらかじめ計画し、建物と一体化するように家具や設備が組み込まれていること。
ガレージやエアコン、食器洗浄機、オープンレンジ、エアコンなど様々なものがある。


■広縁/large veranda 幅の広い縁側のこと。


■ピロティ
piloti
1階部分の全部または一部を柱だけで構成された壁のない空間のこと。
TOPへ
■ファサード/facade(フランス語)
建築物の正面から見たの外観のこと。


■吹付/spraying
外壁の仕上げの一種。仕上げ材を吹いて付着させる施工方法。


■吹付タイル
spray concrete 
樹脂系材料を吹付けて仕上げる外壁材料のこと。
塗、中塗(主材塗)、上塗(仕上材塗)と3回以上塗り重ねることから複層仕上塗材といわれている。
主材にはセメントや合成樹脂エマルションなど様々な材料が用いられる。3回の工程により陶磁器質タイルの風合いになり、ゆず肌状やクレーター状の立体的な模様に仕上げることができる。


■吹抜け
__-story hall
2階以上にわたって床を設けず、下から上まで素通しに開放したスペースのこと。


■不動産取得税
real-estate acquisition tax
土地や住宅等の取得に対し、その不動産の所在する都道府県が課する税金のこと。


■不燃材料
noncombustible material
通常の火災時に燃焼せず、煙や有毒ガスも出ない不燃性の建築材料のこと。


■プラケット
bracketing
腕木のことや、壁に直に取り付ける照明器具のこと。
腕木とは、軒や棚を支える受け木のことで、柱や梁から横に出したささえの木のこと。


■プラン/plan
平面図のこと。または、家の概要計画のこと。


■プレゼンテーション
presentation
住宅の場合には、建築家や施工会社が施主に対してプランや模型などの資料を用いて、企画の提案をおこなうこと。


■プレハブ住宅/prefab housing プレハブ工法で建築された住宅のこと。


■フローリング
wood floor
縁甲板(日本建築の縁側や外廊下に使われる床材)ではない、木質系の洋室用の床材のこと。


■フロストガラス/frosted glass
ガラスの表面を加工してスリ(曇り)ガラスにしたもの。


■分電盤
distribution board
高・低圧配電盤から配電されてきた電気を住宅内に分岐するための機器のこと。


■分筆
division of lot
ひとつの土地(一筆)を複数(二筆以上)に分割する登記のこと。
分筆はどのように分割するのか土地を確定測量し、新たな地積測量図を作成する。
登記を申請する際には、隣接者との境界確認なども必要となる場合がある。
TOPへ
■ペアガラス
double glass
ガラスを二重にしたサッシのこと。
複層ガラスともいい、2枚の板ガラスの間に乾燥空気を入れて密封し、組み立てたもの。断熱性・遮音性にすぐれ、結露防止にも有効である。


■ペアサッシ/double sash 2重サッシのこと。サッシが2重に取り付けられている窓のこと。


■平面詳細図
detailed floor plan
平面図を大きめの縮尺で表現している図面。
納まりやディテールなどの細部の表現がされている。


■平面図
floor plan
意匠図面のひとつで、間取りを一目で把握するのに最も適した図面。
建物を、天井より下で真上から見下ろしたように表現されている。


■壁面収納
storage wall
壁面を有効活用した造り付け収納のこと。
床から天井まで、部屋の端から端まで隙間なくすっきりと納めることができる。


■ベタ基礎
continuous footing
木造建物の基礎のひとつ。
基礎底部が隙間なく連続し、底面全体に鉄筋コンクリートの一枚の板状になっている基礎のこと。


■ベランダ
veranda
建物の壁面から突き出した床の部分のこと。
通常、庇(ひさし)のあるものをいう。
TOPへ
■防音サッシ
soundproof sash
窓やドアなどの開口部から入ってくる音を遮断する性能のあるサッシのこと。
通常、JIS規格の「T−1」という、500Hz以上の中高周波数帯で25dBの音を減らす効果がある遮音等級以上のものを防音サッシという。


■防音雨戸
soundproof shutter
建築基準法上の乙種防火戸として使用できる仕様の雨戸のこと。


■防火ガラス
fireproof glass
建築基準法上の乙種または甲種防火戸に使用できるガラス。
認定されたサッシ・枠と一体で、製品・施工仕様などの規定にもとづいての使用となる。


■防火構造
fire protection construction
木造建物について、周囲で火災が発生した場合に、延焼のおそれのある外壁や軒裏に一定の防火性能を持つような構造のこと。


■防火設備
fire protection equipment
防火戸や消火設備の一種であるドレンチャーなど、火災が起きたときに炎が回るのを防ぐための設備。
一般的には、避難階段、防火シャッター、救急袋、消火栓、スプリンクラー、排煙設備、火災警報機、煙感知器などの総称として使われる。


■防水バン/waterproof base
洗濯機を置くための皿状の台のこと。洗濯機パンともいう。


■防水モルタル
waterproof mortar
防水性能を持っているモルタル、または防水剤を混和したモルタルのこと。


■防水工事
waterproofing work
建物を雨や雪などの、水から守るための工事。
主に、アスファルト防水、シート防水、ウレタン防水、FRP防水に分けられる。


■ポーチ
porch
建物の入り口で、庇(ひさし)のついた建物の外壁から突き出している部分、または建物の外壁に大きなくぼんだ空間をつくり、そこに玄関扉を設けた場合のその部分のこと。


■ホームセキュリティ
home security system
住宅で火災、ガス漏れ、盗難、施錠忘れなどを防止、感知したりする安全管理のこと。
家庭内の異常をセンサーなどで感知し、警報を鳴らしたり警備会社などに通報するシステムを、ホームセキュリティーシステムという。


■ボーリング調査
boring survey
地盤調査の手法の1つ。
機械器具を用いて地盤に深い孔(あな)を掘り、地層を掘削して地質を調べる手法。掘った孔を利用し、土のサンプリングや地下水位測定などさまざまな試験もできる。


■ホーロー
porcelain enamel
鋼、アルミなどの金属の下地にガラス質の釉薬を塗り、高温で焼き付け融着させたもの。
金属の強度と、ガラスの光沢、耐食性を合わせもつ。


■保存登記
preservation of ownership
建物を新築したときに行う登記のこと。
新しい建物の場合、前に所有者がいないので所有権移転ではなく、初めて所有権の登記を行う。基本的には表示登記が終わったあとに行う。


■ポリカーボネイト
polycarbonate
炭酸と二価アルコールまたは二価フェノールの縮合重合体とみなせるポリエステルの総称。
透明性、耐熱性、耐寒性、加工性などに優れ、ガラスの代わりに安全性が求められる浴室ドアや、サンルーム・カーポートの屋根などに多く用いられる。
TOPへ
■幕板
end rail  
長手方向を横長にして取り付けた板のこと。
例えば隙間を塞ぐために取り付けた板や、鴨居の上にある板のことなどをいう。


■間口
frontage
土地や建物の主要な幅のこと。
一般的には土地や建物が道路に面している幅のことをいう。


■窓
window
室内に光を取り入れるためや換気、通風のために設けられる開口部のこと。
様々な開閉形式、取付け位置、サッシ、ガラスがあり、用途や部屋に合わせてこれらの組み合わせを選択する。


■間柱
puncheon
柱と柱の間にある細い構造材のこと。
通し柱のように建物構造を支える柱ではなく、石膏ボードなどの下地材を取り付けるためのもの。


■廻り縁
crown molding
天井と壁の接する部分に取り付ける細長い部材のこと。
天井と壁、それぞれ異なる仕上げが接する部分を美しくおさめるために取り付ける。
和室などで見る二重廻り縁や、隠しておさめる隠し廻り縁などの種類がある。
TOPへ
■水切り
creasing
庇の先端や窓の下枠部分、基礎などに取り付けるL字型の雨仕舞用金物。
雨水が外壁面や庇の裏面などを伝って、壁を汚したり内部に侵入したりするなどを防ぐために使う。


■水勾配
drainage slope
水を流すためにつける勾配のこと。
屋根、ベランダ等雨水のかかる部分や浴室の洗い場など、水をきれいに流すために必要とする勾配。


■見積書
estimates
工事金額の内訳書類のこと。
工事金額の根拠について、施工業者が設計図書から材料の数量や大工などの手間を拾い積算した内容が記してある。


■民法
civil law
民と民の間の権利義務関係を規律する私法の基本法。
売買契約、相隣関係、消費貸借契約など、生活に即した法律関係について規定している。
住宅に関しては、隣家との境界に関する諸基準が定められている。
TOPへ
■無垢材
natural timber
天然の1本の木から作られた木材のこと。
木本来の良さである風合いがあり、質感に富む、調湿作用があるというメリットがある反面、割れや反りなどが起こる。そのデメリットをカバーしたものが集成材。


■無指定
non-designated area
都市計画区域外の土地のこと。通称。
また、非線引きの都市計画区域(非線引き区域)において、用途地域がない土地のことを無指定と呼ぶこともある。
TOPへ
■メゾネット
maisonette
1つの住戸に2層が住戸内階段でつながる集合住宅プランのこと。
共用部分への出入り口がある階と共用部分に接しない階ができ、接しない階ではよりプライバシーの高い居住空間ができる。


■滅失登記
cancellation of registry
法務局にある、取壊された建物の登記簿を閉鎖する手続きのこと。
建物を解体した場合に、1ヵ月以内に行わなければならない。


■面格子
grid
住宅の窓の外側に、防犯などを目的として取り付ける金属製のこと。
縦格子、横格子など様々なデザインがあり、木製、アルミ製、ステンレス製、鉄製、鋳物のものもある。外されにくいよう、取り付けに注意する必要がある。


■免震構造
seismic isolation structure
地震のエネルギーを建物に伝達させないようにする構造。
基礎部分に積層ゴムやダンパーなどを設置して地盤と建物を振動的に絶縁し、建物に伝わる力や建物の変形を抑え、制御しようとする仕組み。


■メンテナンス/maintenance 定期的に保守、点検し、必要に応じて補修すること。
TOPへ
■木工事
carpenter's work
木造の骨組みをつくる軸組・床組・小屋組の工事及び造作工事などを指す。
時間、コストともに一番比重の大きい工事。
手順としては大まかに、1現寸矩計図作図、2墨付け・加工、3基礎工事・土台据え、4建方、5ゆがみ直し、6筋かい、7屋根ぶき、8床組み、9内部造作工事となる。


■木質系プレハブ
wooden prefab construction
あらかじめ工場で生産された木質パネルを骨組みにした壁工法のこと。
壁だけでなく断熱材や建具などもあらかじめパネル化しているなど、工場での施工生産率が高いため、施工精度が高いことや現場作業が少なく工期が短縮できるなどのメリットがある反面、自由度が低くなる。


■木製サッシ
wooden sash
木で作られた外部用建具。
木の風合いを生かしたデザイン性や、断熱性、防露性に優れるが、アルミ製建具に比べコストは割高。


■木製建具
wooden fixtures
室内のドア、ふすま、障子など木で作られた建具のこと。


■木造
wooden construction
主要な構造を木材で作る建物。
RCに比べ軽量で耐震性に優れ、地盤改良費が少なくすむなどのメリットがある。一方部材の変形が大きいなどデメリットもあり建築できる規模に制限がある。


■木造建築士
architect for wooden
construction
都道府県知事による免許で、設計、工事監理などの業務を行う建築技術者として認められる資格のこと。
木造の建築物に対し、設計、工事監理等の業務を行う。業務のできる建物の用途や面積、高さなどに制限がある。


■木造3階建て
three-story
wooden house
都市部の狭小地でニーズがあるが、防火地域では建てられないなどの制限がある建物。
準防火地域では構造計算で安全性を確かめた場合、一定の防火措置をした木造3階建であれば建築可能。風圧力、地震力が木造2階建てとは大きく違うため注意が必要。


■木造軸組工法
timber framework method
日本の伝統的建築工法で在来工法とも言う。
土台・柱・梁・桁・筋かいなどの軸組で建物を支える工法。ツーバイフォー工法などに比べ、間取りの自由度が高く、増改築も容易で日本での木造住宅の主流を占めている工法。


■盛土
embankment
既存の敷地の地盤の上に新たに土を盛ること。
宅地造成工事規制区域内に指定されている区域で、一定基準以上の盛土をする場合は、都道府県知事の許可を受けなければならない。沈下に注意する必要がある。


■モルタル
mortar
一般的にはセメント、砂を混ぜて水で練ったセメントモルタルのこと。
土間の仕上げ材、石やタイルの下地、外壁に塗るなど多く用いられる。
施工性が高く、コストが安く、高強度で、防火性能がある反面、収縮性が高く乾燥による亀裂が発生しやすい。
TOPへ
■屋根工事
roofing work
屋根を葺く工事のこと。
上棟の後、木工事と外装工事の段階で、屋根工事に取り掛かる。


■屋根勾配
pitch of a roof
屋根面の傾斜の度合いのこと。
屋根を葺く材料や屋根面の大きさ、その地域の雨量、積雪量などに応じて決められる。
TOPへ
■U字溝
U-shaped gutter
U型をした、コンクリート製の排水用の溝こと。
道路や通路などの両側または片側(場所によっては中央)に設置し、雨水や生活排水を河川へ放流するために設置されている。


■融資手数料
loan origination fee
住宅ローンの融資を受けるときに、金融機関に対して支払う事務手数料のこと。


■ユーティリティー
housekeeping room
家事作業のための部屋、家事室のこと。
家事動線の便利のよい、台所や洗面室などに隣接して設けられ、洗濯、アイロン掛け、ミシン掛けなどの多目的に使える部屋。


■UB/bath unit
ユニットバスの略。


■床下換気
underfloor ventilation
木造建築で、土台部分などの木材が湿気によって腐ったり、カビが発生しないように床下を換気すること。
基礎に換気口を設置し、通風を図る。


■床下収納
underfloor storage
床板と基礎の間のスペースを利用して設けられた収納庫のこと。
主にキッチンや洗面室の床下に設けら、床下点検口を兼ねる場合もある。


■床暖房
floor heating system
床下に温水循環設備または電気による発熱体を敷き、足元から温める暖房システムのこと。
床から放射される輻射熱で部屋を暖めるので、ハウスダストが舞い上げることがなく、部屋の空気を汚さないというメリットもある。


■床面積
floor space
建築物の各階の、壁もしくは柱の中心線で囲まれた部分を計算した面積のこと。
床面積には「延床面積」「容積率の算定に用いる延床面積」「施工床面積」などがあり、建物の各階床面積を合計したものが「延床面積」。駐車場や地下室などがある場合、容積率の緩和措置があり、緩和される範囲内の床面積を延床面積に含まないものが「容積率の算定に用いる延床面積」という。


■ユニットバス
bath unit
工場で製作された部品・部材を、現地で組み立て据え付ける方式の浴室のこと。
防水・施工性・品質の安定・工期の短縮化などの面で優れている。


■輸入住宅
imported House
外国から輸入した木材や建具などを使って建てる住宅のこと。
輸入先国の設計思想に基づいているので、独特の外観や内装、設備となっている。
TOPへ
■養生
sheeting
工事中に建物が傷んだり汚れたりしないように、また近隣に塗料や工事えで発生するゴミが飛散しないように、シートや覆いを掛けて保護すること。
コンクリートの打設のあと、強度が出るまでの間、湿潤に保ち、水分が失われないように、覆ったり散水することも養生という。


■容積率
floor-area ratio
敷地面積に対する建物の延べ面積の割合のこと。
都市計画区域内においては建築基準法の規制により、用途地域の種別や前面道路の幅員等により容積率の上限が定められている。


■擁壁
revetment
傾斜地や、高低差のある土地の土砂の崩壊を防止するために、側面から支える壁のこと。
TOPへ
■ラーメン構造
bent
建物の構造躯体の種類。柱と梁の部分が溶接により一体になっている構造のこと。
ラーメン(rahmen)はドイツ語で額縁の意味。
耐力壁や筋交いを入れずとも、地震などの横揺れに耐えられる構造で、壁のない空間をつくることが可能。低層から超高層まで広く対応できる。
鉄骨造や鉄筋コンクリート造が一般的。


■ライトコート
courtyard
採光のために作られる中庭のこと。光庭、ライトウエル。
採光以外にも通風や換気を兼ねている場合が多い。マンションなどでは、建物の内部の吹き抜けのスペースを指す。


■欄干
balustrade
橋・階段などの縁に、人やものが落下するのを防ぎながら装飾をも兼ねて柵状に作り付けたもののこと。てすり。


■ランニングコスト
utilities cost
建物において、設備など日常で使用する際にかかる光熱費・維持費のこと。


■欄間
transom
室内において、天井と鴨居や長押の間にある開口部のこと。
採光・通風以外にも装飾としての要素を持ち、障子や透かし彫り、天然木などを使用する。
伝統的な工芸品を取り入れることがあり、部屋の格式を上げる役目も持つ。
TOPへ
■立面図/analytique
建物を正面から見た図面のこと


■リノベーション/リフォーム
renovation
建物の老朽化やライフスタイル、ライフサイクルの変化に伴い、希望する形に増築、改築、修理、修繕することをさす。
中古物件の商品価値を上げるためにも行なわれる。
通常、増築は床面積を増やし、改築はある程度の規模の改修を指すのに対して、リフォームは壁紙の張替えなどの小さな改修も含めた、これらの総体をさすことが多い。


■隣地境界
boundary with adjacent land
隣接している土地との境のこと。
TOPへ
■ルーバー
louver
外部に対して目隠しをしながら換気ができるように、ドアや窓などにもうけた通気口のこと。
建具の全体につける場合と一部につける場合がある。


■ルーフバルコニー
rooftop garden
上など、マンションなどでその住戸の所有者が専用的に使用できる部分。
屋上庭園や屋外リビングなどに利用されることが多い。
TOPへ
■レベル
level
全体としてどの程度の高さにあるかとみたときの、その高低の度合い。
建築では、水平または水平面を指して使用される。


■レンジフード
kitchen range hood
キッチンでコンロ上部に設置されている排気設備。
シロッコファンとプロペラファンに分けられ、フードの長さについても、ブーツ型、浅型などのタイプ分けが出来る。
TOPへ
■路線価
roadside value
国税局長が決定する主要道路ごとの土地の単価=1平方メートルあたりの価格のこと。国税庁が相続税・贈与税などの課税の基準とする。


■ロフト/loft
屋根裏部屋のこと。
TOPへ
■和室
Japanese-style room
書院造り、または書院造りを簡略化した様式。
書院造りとは、室町時代に発生した僧侶や貴族、上級武士などの住宅形式で「銀閣寺」に代表される。主室に書院、床、違棚などを備えた建物の様式をいう。
書院造りとは、室町時代に発生した僧侶や貴族、上級武士などの住宅形式で「銀閣寺」に代表されます。主室に書院、床、違棚などを備えた建物の様式をいいます。
TOPへ
HOMEへ
Copyright(c) 2000-2015 有限会社 フォーシーズン . All Rights Reserved.